問合せ メニュー

第13回インターナショナル・チャリティーラン2018

障がいのある子どもたちの笑顔のために

チャリティーランの収益金は、 障がいのある子ともたちを富士山キャンプ(ふじさんぽ)へ招待するために使われます。 また全国のYMCAで行われているチャレンジドプログラムに支援をいたします。

開催日時 2018年6月24日(日)9:00~14:00(小雨決行)
場所 道の駅うつのみや ろまんちっく村 にぎわい広場
宇都宮市新里町丙254 TEL:028-665-8800
主催 公益財団法人とちぎYMCA/
ワイズメンズクラブ(宇都宮・宇都宮東・足利・那須)
共催 YMCA国際賛助会(FCSC)
後援 内閣府/厚生労働省/全国社会福祉協議会/栃木県/栃木県教育委員会/栃木県社会福祉協議会/宇都宮市/宇都宮市教育委員会/宇都宮市社会福祉協議会/宇都宮市障害者福祉会連合会/栃木県看護協会/下野新聞社/NHK宇都宮放送局/とちぎテレビ/栃木放送/エフエム栃木/宇都宮ケーブルテレビ/コミュニティFM宮ラジ

開催要項・申込書

第13回インターナショナル・チャリティーラン2018の開催要項・申込書は以下よりご覧いただけます。

開催地及びアクセス

道の駅うつのみや ろまんちっく村 にぎわい広場

宇都宮市新里町丙254
TEL:028-665-8800

当日のスケジュール

9:00 受付開始
10:00 開会式
10:20 競技スタート
12:00 昼食
12:30 よさこい 「勢や」パフォーマンス
13:00 表彰式・閉会式
14:00 終了

その他

※大雨等、安全上の理由で中止とさせて頂く場合があります。その場合、この活動の趣旨をご理解頂き、返金等はありませんので、ご協力宜しくお願いいたします。
※当日取らせて頂いた写真は、ホームページや資料等に掲載させて頂く事がありますので、ご了承ください。

お問い合わせ

とちぎYMCAチャリティーラン事務局
〒320-0041 栃木県宇都宮市松原2-7-42
TEL: 028-624-2546 FAX: 028-624-2489
charityrun@tochigi-ymca.org

チャリティーランの趣旨にご賛同いただける 企業、団体、個人のご参加・ご協賛の申込みを お待ちしております。

参加・協賛方法及び費用

A たすきリレーに参加

1チーム/5人が、約5キロをリレー方式で楽しく走ります。
※走者が5人そろわない場合、代走のボランティアを手配します。
※アイデアあふれるコスチュームによるアピール参加大歓迎です。
※速さ、がんばり、コスチュームなどを基準に、閉会式で表彰します。

参加費:1チーム 30,000円[寄付控除・税額控除 対象]

B 寄付金に協力

ご寄付を頂いた寄付者名は、当日パンフレットに掲載させていただきます。

一口:5,000円で何口でも[寄付控除・税額控除 対象](企業)
一口:3,000円で何口でも[寄付控除・税額控除 対象](個人)

上記のA・Bにご寄付を頂いた方は、所得税法または法人税法の寄付控除に該当し、確定申告により所得控除または税額控除を受けることができます。(必要な方は、お申し出ください)

C 広告掲載に協力

貴社・貴団体の広告を当日のパンフレットに掲載させていただきます。
原稿を添えてお申込ください。(カラー掲載:1000部)

掲載料:A4版1/2ページ20,000円
掲載料:A4版1/4ページ10,000円
掲載料:A4版1/8ページ 5,000円

D 寄付物品に協力

食品・物品等のご寄付をお願いします。企業名入り販促品も結構です。
寄付物品は、表彰式の副賞等景品に活用せていただきます。
ご寄付を頂いた企業名・団体名を、当日パンフレットに掲載させていただきます。

E ボランティアに参加

事前準備、当日の大会運営、たすきリレーの代走など、様々な役割のボランティアを募集いたします。
高校生以上であれば、どなたでもご参加頂けますので、どしどしご応募ください。

募集数 200名

F 販売ブース

当日、販売で大会を盛り上げて頂けるブースを募集いたします。1ブース長机2脚・イス2脚をお貸しします。
それ以外は、ご準備ください。火気使用も可能です。ご相談ください。

1ブース 500円

☆ スタンプラリーへ参加

グランド内コースのポイントをクリアしていゲームです。
参加は無料、受付は当日会場にて(午前11:30まで)行ないます。

参加費:無料

※ランナーとボランティアには昼食引換え券を用意いたします。
大会当日の来場者数により、足りない場合はご了承ください。
尚、引換え時間の制限がありますのでお気をつけ下さい。

申込み方法

申込締切

2018年6月8日(金)

1. 参加申込書を送る

「とちぎYMCAチャリティーラン参加申込書」にご記入の上、郵送・FAX・Eメールでお申込ください。企業名、団体名は正式名称でご記入ください。

郵送 〒320-0041 宇都宮市松原2-7-42
「とちぎYMCAチャリティーラン事務局」宛
FAX 028-624-2489
Eメール charityrun@tochigi-ymca.org

2. 参加費を振り込む

振込み締切 2018年6月15日(金)

下記宛にお振込みください。

銀行振込 足利銀行 本店 普通 5022541
公益財団法人とちぎYMCA
チャリティーラン口(くち)
代表理事 鷹箸 孝
郵便振込 郵便局
振替口座00150-0-564328
とちぎYMCAチャリティーラン

3. 競技要項の受け取り

事務局から競技要項を郵送いたします

チャリティーランとは

とちぎYMCAインターナショナル・チャリティーランは、参加費で障がいのある子どもたちを支援するとともに、“障がい”への社会的な理解と関心を高めることを目的とした毎年開催している駅伝大会です。
チャック・ウイルソンさんが提唱し、1987年、YMCA国際賛助会(FCSC)の主催により、東京で開催され、その後全国に広まりました。“ラブ・オン・ザ・ラン”をスローガンに、現在では全国17ヶ所のYMCAで、5000人以上のランナーが参加するイベントになりました。
チャリティーランの収益金は、障がいのある子どもたちを富士山キャンプへ招待するために使われ、また全国のYMCAで行われているチャレンジドプログラムに支援をいたします。

2017年度(第12回)富士山キャンプ(ふじさんぽ2017)の様子

全ての収益金は、障がい児・者支援活動に使われました。

あなたの助けを必要としている人に手を差し伸べてください。

YMCAインターナショナル・チャリティーラン全国大会委員長
有森裕子のメッセージ

私たちは災害や紛争で困難の中にある人たちのニュースを耳にするとき、たとえ世界の果てであっても飛んでいって「とにかく力にならなくては」という強い思いにかられます。
しかし、なぜかすぐ近くで悩んでいる人の苦しみには気づかずに手遅れになってしまうことがままあります。
「誰かのためになりたい」、「ボランティアをやってみたい」、「社会のためになることをやってみたい」と思っているなら、TVやインターネットに向かうだけでなく周囲を見渡してみてください。
あなたの助けを待っている人はいつもすぐ近くにいます。

YMCAインターナショナル・チャリティーランは、障がいのある子どもたちを応援するイベントです。
障がいのある人もない人も共に走り、支えあうことで障がいのある子どもたちが幸せに生きていくための理解と共感の浸透を広げることをミッションとし、全国で開催しています。ぜひあなたも参加してください。私たちがめざすのは障がいのある人もない人もすべての人たちが共に幸せに暮らすことができる社会です。
社会を変えていくためには多くの人の力が必要です。どうかあなたの力を貸してください。

※ここでは「障がいのある」と表現していますが、とちぎYMCAでは、通常、「Challenged(チャレンジド)」と表現しています。そこには、「神様からチャレンジすべき課題や才能をあたえられた人」という意味が込められています。
グループに関わる全ての人々が、様々な場面での「ありのまま」を個々に受け入れ、YMCAという社会の中で共に支えあって活動をしています。