問合せ メニュー

国内外災害支援活動

全国のYMCA、世界のYMCAと協力して災害被災者や難民の方などへの支援活動を行っています

YMCAでは、国内外で頻発する災害において、募金活動や被災地でのさまざまな支援の提供、ボランティアの派遣を行っています。被災地で、ポジティブネットが活かされています。また、栃木県内の災害支援活動NPO団体とも協働して活動を行っています。

現在進行中の支援活動:西日本豪雨災害支援・熊本地震支援
<活動内容はこちら>

国内外災害支援活動のご寄附やお問合せはこちら

現在の行っている支援活動

皆様のご協力・ご支援をお願いいたします

西日本豪雨災害支援活動

2017年7月に西日本を襲った記録的豪雨は、12府県にまたがり死者170人、行方不明者も未だ80人以上、多くの地域で土砂崩れなど生活道路が通行止めになり、2万人以上が孤立状態にありました(2017年7月11日14時時点)。YMCAでは広島県、岡山県を中心に、全国のYMCAの協力のもと、支援活動を進めていきます。主な支援活動は支援ボランティア(泥だしワーク等)・子どもたちへのレクリエーションや心のケア・キャンプ活動への招待などを行っています。
とちぎYMCAでは、現地での支援活動が円滑に行えるよう、災害支援募金を行っています。皆さまの尊いご支援をお願い申し上げます。

【振込先】
郵便振替口座 00340-8-40685
公益財団法人とちぎYMCA募金口
*通信欄に「豪雨災害」とお書きください。

熊本地震支援活動

2016年4月14日の熊本地震発生以来、YMCAでは、自らも大きな被害を受けた熊本YMCAが中心となって避難所運営や物資支援などの活動を行ってきました。地震発生から一年以上が経過しましたが、以前の生活には戻れず、困難な状態におられる方々が今も多くおられます。YMCAは地域の方々、ご家族や子どもたちに寄り添った復興支援活動今後も継続してまいります。皆様の尊いご支援とご協力をお願い申し上げます。

<現在、YMCAの行う主な支援>
①被災コミュニティの緊急支援(被災地域支援、地域住民の生活支援、益城町・御船町地域支え合いセンター支援など)
②被災地の復興支援-熊本YMCAの活動を通して(市民の心身の健康を支える活動、復興を担うリーダーシップの育成など)
とちぎYMCAでは、現地での支援活動が円滑に行えるよう、災害支援募金を行っています。皆さまの尊いご支援をお願い申し上げます。

【振込先】
郵便振替口座 00340-8-40685
公益財団法人とちぎYMCA募金口
*通信欄に「熊本地震」とお書きください。

これまでの主な支援活動

熊本地震支援活動

とちぎYMCAでは2016年4月14日に起きた熊本地震直後に栃木県内NPO団体と協働し、募金活動を行い、募金は災害支援活動支援に用いられました。また、各拠点から衣類や食品、生活用品などの支援物資を集め、現地に送りました。支援活動第二期として、とちぎYMCAの職員を派遣し、災害ボランティアセンターのボランティアコーディネートに従事したり、熊本YMCAの保育園支援のためにさくらんぼ幼稚園及びようとう保育園の保育スタッフが派遣され、熊本地震の影響を把握しながら保育の現場にあたるなど活動を行いました。
また、年間を通してチャリティーイベントを各拠点などで開催をいたしました。
皆様のご支援・ご協力が、現地での支援活動の力となりました。この度は、熊本地震支援活動にご協力を頂きまして誠に感謝を申し上げます。

ネパール地震支援活動

2015年4月25日にネパールで発生した地震では、死者は5,000人を超え、生き残った人々も安全な水や食料が不足し、過酷な生活を強いられました。カトマンズ近郊にあるネパールYMCAでは、緊急支援と中長期復興支援の両方を計画し、これを受け、世界YMCA同盟から各国のYMCAへ、緊急支援募金の呼びかけが行われました。とちぎYMCAでも緊急支援募金活動に参加しました。募金の一部はネパールYMCAを通して、子ども達の学用品や制服の支給といったスカラシッププロジェクトと校舎再建などのために使われました。また、とちぎYMCAと繋がりのあるネパール人のスミット氏などによる医療ボランティアチームにも協力をさせて頂きました。この度は、ネパール地震支援活動にご協力を頂きまして誠に感謝を申し上げます。