トライ東 - 宇都宮青少年活動センター

スタッフブログ

2011年6月30日

皆様こんにちは。

YMCAトライ東の鷹箸です。

これまで当館の所長代行として、皆様と楽しいひとときを共有させて頂きましたが、この度人事異動でYMCA内の他の部署に携わることになり、本日最終日となりました。

わずか1年と少しの間でしたが、皆様のお蔭で楽しい仕事をさせて頂きました。御礼申し上げます。また、少なからず、私の対応で不快を感じられた方もいらっしゃいます。申し訳ございませんでした。

体育館の再開を見届けることが出来ないのが心残りですが、これからもトライ東を宜しくお願い致します。

御礼のご挨拶をこのようなブログでさせてもらう失礼をお許しください。

全ての利用者様と、これから利用者になられる皆様のご多幸を祈念しております。

大変、ありがとうございました。

2011年6月29日

こんばんは。

茶道のセミナーも早くも8回目となりました。

そこで、先生のご厚意で職員もお呼ばれに預かりました。

写真には無いのですが、「あじさい」という季節のお菓子を頂戴して、お茶を頂きます。

一般的なイメージで、茶道というと「御作法」が思い浮かびますが、そうではなく、関亦先生(家元教授)は、素人の我々に美味しく頂けるように誘ってくださいました。

ちょっと頂いて、作法も何もあったものじゃありませんが、それでも、結構「空間も含めた時間」は心地よいものでした。

極端な例えかもしれませんが、外国の方は恐らく興味本位で「素晴らしい!」と言うでしょう。しかし我々日本人には何か別の感じ方があるのかもしれません。それは、長い歴史の中で何と言いましょうか遺伝子にインプットされているんですかね。こういった席を心地よく思う何かが・・・

自分の中の「日本人観」を再発見するきっかけになるかもしれませんよ?

2011年6月28日

こんにちは。

料理室の外に花壇があるんですが、なんと、ひまわりの花が咲いてるではありませんか!

皆さんは覚えてます?先日木曜日だったかな、関東が異常に気温が高かった日。確か宇都宮も37.5℃まで上がったあの日です。これじゃ、ひまわりだって「あれ?もう夏?、じゃあ咲かなきゃ・・・」になりますよね。

今年は花壇の整備はこれからで、ひまわりも当然植えてないんですが、去年の種が残っていたんですね。植物の力はスゴイですね。

ただでさえ節電が必要なのに、この暑さ・・・ちょっとヤバイっす。そこで、トライのクーラーの話をちょっと。

通常の家庭やオフィスのクーラーとは違って、個別で温度調整は出来ません。どうなっているかというと、地下水を汲み上げて、それを冷やして全館に循環させて、それで、冷えた水から各部屋風を取る、という仕組みです。ご利用になられている方は分かると思うのですが、空調のユニットのコンセントを抜き差しするだけしか出来ないんです。暑かったら差す、寒かったら抜く、それだけです。

時々、夏になると「冷えません・・・」ということがあります。その場合99%その部屋を利用している方が、ユニットの調整ダイヤルをいじってしまっています(ガムテープで調整扉を固定しているのですが、わざわざ剥がして・・・)。設定はMAXになってますので、いじると余計に風が出なくなりますので、ご注意をお願いします。それでも暑い場合、当館の冷房の能力限界ですのでご勘弁ください。

ま、電気のためにもあまり暑くならない事を願います。

あと、節電節電といっても、それで熱中症になんかなってしまったら本末転倒ですからね。今年は、冷房の元の設定温度を例年より上げてますので、使っても節電になってますから、遠慮なく使ってください。各部屋のコンセントを入れる程度では大勢に影響は有りません。

これは全く個人的な意見ですが、「節電」も「エコ」も結構だし、確かに必要です。震災の影響云々関係なく必要だと思います。しかし、こうも声高に「節電!」と全体が叫び、まるで「節電しない奴は非国民」みたいな風潮はどうかと思いますね。節電はした方が良いに決まっています。何と言いますか、この「全体主義」がちょっと嫌ですね。まるで戦前の大政翼賛会じゃありませんが、「ぜいたくは敵だ」のようなスローガン的なニュアンスを感じてしまいます。クールビズもそうですね。しかし、私は少なくともネクタイを締めてない営業マンとは話したくありません。最低限のTPOというのはあるのではないか・・・と。クールビズという全体主義の犠牲になって廃業する人だって居るでしょうに・・・。(あくまで個人的意見です。ブログなので書いてしまいました。スミマセン)。

とまあ、ひまわりの話が、非常に堅苦しい話になってしまいました。では・・・

2011年6月22日

本日6月22日、ヤングセミナー「手作りベーカリー」が開催されました。今回のメニューは、コーンパン・フルーツケーキ・フレッシュサラダです。パン生地を粉からこねて作り、発酵⇒成型⇒発酵⇒焼成という手順で進みます。はじめのうちは緊張していた受講生も、関口先生の楽しくやさしい指導と素敵な笑顔に加え、受講生同士の自己紹介の時間を設けてくださったことで、自然と会話と笑顔が増えていきました。
 12時ごろにはパンも焼き上がり、その出来栄えとおいしさにさらに笑顔になっていました。
 あっという間の2時間半。楽しく!おいしく!新しいお友達もできて、こころもおなかも満足していたように思いました。
スタッフのひとり言…
 12時近くに事務所にまで漂う焼きたてのパンのかおり。グーと、おなかがなったのは言うまでもありませんよね。

昨晩、国際人養成講座「Globalize Me!」はゲストのレスリーさんをお招きし、最終回を迎えました。テキサスことMr. Nakagawa のファシリテーションは、とうとう最後まで笑いと歓声の絶えないものでした。必要なところだけ日本語で補足しながら、すべて英語で進められたワークショップは、身体を使い、ハートで感じ、心を動かす、とってもあったかく、誰もが積極的になれる時間だったでしょう。
さて、真の国際人になったみなさんは、これからどんな行動に移っていくのでしょうか。
海外に旅立つもよし、身近なところで関心ある活動に関わってもよし、広い視野と行動力で自信を持って旅立ってください!
大人気のこの企画、また計画したいと思います。

2011年6月13日

突然で申し訳御座いませんが、講師の都合によりハワイアンフラのセミナーの日程を下記の通り変更させて頂きます。

6月20日(月) → 6月27日(月)

みなさん、ご予定もいろいろお有りでしょうが、何卒日程のご調整をお願い致します。

2011年6月8日

こんばんは。と言っておきながら、この明るさだと、「こ、こんにちは?」という感じですよね。

ついこの間まで冬支度をしていたような気がします。とくに、震災当時はまだ寒かったはずです。それがもう、夏至の時期ですよ。

時間は、地球上の何処に、何時居ても、完全に等しく進みますから(相対性理論を持ち出して、違う!と突っ込まないで下さいね)、我々の感じ方なんでしょうね。ある人には長く感じて、逆に短く感じたり。物理的な時間と、感覚的な時間はどうやら違うようです。

みなさんにとっての「時間」はいかがですか?

18:30過ぎの画像。

今日は、あそぼの家で「とべっ、とばせっ、空気砲!」の日でした。来れなかったお友達は、明日もやるから、大丈夫だよ。あそびに来てね。このブログを明後日見た人は、残念でした。

実は、年齢だけ良い大人の私がやっても、段ボールを「ボンっ」とやるやつ(わかります?)、面白くてしょうがない・・・。

久しぶりに(いいえ、数十年ぶりに)童心に帰りました。

こんにちは。これも数日前のことです・・・

台風が近づき、連日の雨でテニスコートもクローズの連続。鬱陶しい・・・そんな言葉が脳裏をよぎりますが、ふと、テニスコートに目を移すと、可愛いカモ?が2羽、ヨチヨチ歩きをしています。カラスだったらよく居るんですが、カモはさすがに・・・

何処から飛来したのか、田んぼと間違えたんですかね。上空から見たら、水浸しのテニスコートは田んぼに見えるのかもしれませんね。

ふっと、何か癒される感じがしました。

大分以前のことを、さも昨日のことのように平気でアップさせて頂きます(笑)

5月22日!に、親子でたのしむアウトドアクッキングを開催しました。本当に簡単なのですが、段ボールオーブンで焼く「ピザ」がメインです。

事前準備で、炭とか色々購入に行ったのですが、近ごろは「安・近・短」ということで、バーベキュウ等のアウトドア系が流行っていることもあるのでしょう、やたらと在庫が少ない!これにはびっくりでした。

さて、当日。少々空の行方が心配です。「頼む、何とか持ってくれ・・・」と思いながら、皆、料理室で下準備をしたり、オーブンにする段ボールを加工したり、とやっているのですが、その間に、外で「炭」の火入れ等準備を進めていました。

そして、いよいよ外に出て、段ボールでピザを焼くよ~、という時に「ザーーーー」。

無情にも、空は持ってくれませんでした。

それでも、何とか料理室の軒下で焼くことが出来、思ったよりおいしい?!ピザをお腹いっぱい食べました。

お父さん、お母さん。今度は、夏休みに家族で是非挑戦してみてくださいね。

Older Posts »
お問い合わせ
イベント・セミナー
  • 2010.04.01
    現在準備中です。
イベント一覧