トライ東 - 宇都宮青少年活動センター

スタッフブログ

2020年9月17日

9月12日(土)は、わくわくトライキッズの第3回目の活動日でした!

 

新型コロナウイルス感染症対策のため、

今回も学年ごとに、午前と午後に分けてプログラムを実施しました。

 

 

今回はトライ東の近くにある今泉中央公園に行って、

ネイチャービンゴを行う予定でしたが、

天気があまり優れず、

午後の回は、トライ東で新聞紙秘密基地作りに変更いたしました!

 

公園に出かけることが出来た午前の回の子どもたちは、

公園内にある自然を思いっきり堪能することが出来ました!

大きなカマキリを見つけて、みんなで観察したり、

芝生の中から四つ葉のクローバーを探したりするなど、

時間いっぱい満喫しました!

 

午後の回では、新聞紙秘密基地づくりを、

男女に分かれて子どもたちの自由な発想で、

みんなで協力しながら、個性豊かな秘密基地が出来上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月18日

8月16日(日)は、

ネイチャークラフト体験教室シリーズ最終回、

杉板焼きにチャレンジしました!

 

まずは、バーナーで杉の板を焼き、

たわしと布で綺麗に拭き、板についたすすを落とします。

そうすると、板の模様が綺麗に浮かび上がり、素敵な板に変身します。

その板に、ペンを使って絵や字を書いて、オリジナルプレートが出来上がります。

 

子どもたちはとても真剣に取り組み、

一人ひとり個性あふれたプレートが出来上がりました!

中には、「◯◯の部屋 勉強中だから静かにしてください」と

書いてあった子もいました!

また、焼く前と焼いたあとの杉板の匂いも味わうなど、

自然を感じることもできました!

 

 

 

 

 

2020年8月16日

8月15日(土)は、

ネイチャークラフト体験教室を開催しました!

この日は、日光写真にチャレンジしました!

 

まずは、トライ東の敷地にある児童遊園に出て、

草花や小枝を集めます。

それを日光写真用の感光紙の上に置き、数分間日光に晒します。

その後、感光紙を水洗いをして、乾燥させると、

草花などのシルエットが浮かび上がり、

素敵な作品となります。

 

子どもたちは自然の形をいかして、

どのようにデザインをしていくか工夫を凝らし、

それぞれ個性豊かな素敵な作品が完成しました!

 

 

 

 

 

 

2020年8月14日

8月5日(水)・6日(木)は、

ネイチャークラフト体験教室を開催しました!

この2日間は、竹の水鉄砲作りとそれを使って水遊びを行いました!

 

大小ある竹を用意し、

細い竹には、スポンジを巻いてガーゼを被せ、

水を押し出すポンプの役割になります。

太い方の竹には穴が空いており、水を飛ばす出口となります。

 

子どもたちは、スポンジを巻く量を考えながら、

真剣に水鉄砲作りに取り組んでいました。

水鉄砲の表面にはマジックで模様や色をつけ、

オリジナルの竹の水鉄砲を完成することができました!

 

また、二日間とも天気がとても良く、水遊び日和でした!

子どもたちは作った水鉄砲を使って、

みんなで楽しく過ごすことができました!

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月13日

8月8日(土)

手作り石鹸とオリジナル小物入れ作りを開催しました。

今回は、10名の子どもたちが参加しました。

 

まず初めにどのような色合いにするか決めた後、石鹸作り開始!

アイスキャンディー型の石鹸と、ゼリーの容器を使った石鹸の

2種類を作りました。

アイスキャンディー型の石鹸は、色付けされた石鹸を細かく

刻んだ後、ビーズやラメなどを入れ溶かした石鹸を流し入れました。

ゼリー型の石鹸は、溶かした透明の石鹸に好きな色を混ぜ合わせ、

ビーズやラメなどを入れて固めました。

 

固めている間に、ペットボトルの容器で小物入れも作りました。

好きなマスキングテープや、ビニールテープなどを貼りつけ、

カラフルな小物入れが完成しました。

2種類の石鹸も、本物のアイスと間違えてしまいそうなくらい、綺麗に仕上がりました!

 

ぜひ、オリジナルの石鹸で手洗いをし、新型コロナウイルス感染を予防

してほしいです♪

 

 

 

 

 

   

 

 

 

2020年8月3日

8月3日(月)

夏休み工作教室、色紙ちぎり絵と手作り写真立て作りを開催しました。

今回は、12名の小学生の子どもたちが参加しました!

 

まずは、下書きから開始♪

大きくイラストを書くことに苦戦している様子でした。

下書きが完成したら、色紙貼り!

色紙をちぎる時に大きすぎないようにする事、隙間がないように貼る事を

意識しながら作品作りをしました。

 

背景を絵の具で色付けたら、最後は写真立て作り!

フレームの周りに、貝殻やビーズ、ボタンやお花など飾り付けをし、完成!

短い時間でしたが、1人1人集中し、オリジナル溢れるとても素敵な作品が出来ました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月1日

本日は、子ども防災教室を開催しました!

今回の防災教室は、『地震』をテーマに子どもたちと共に考えていきました。

 

地震が起きたらどうする?

避難所に行ったらどうする?

様々な疑問に自分の意見を伝えながら、災害について考えました。

 

自助:自分(家族)の命は自分(家族)で守る

共助:地域の人たちと助け合うこと

公助:国、自治体、消防、警察、自衛隊などによる公的な救助・災害支援や復旧活動を受ける

 

この3つのキーワードが防災における大切な言葉となります。

 

最後に、実際に避難所で使用するダンボールベットをみんなで作りました。

意外と丈夫でエアーマットを付けるととても心地よいベットが完成しました!

 

今回の講座では、少しでも『災害』『防災』について考えるきっかけとなれればと思います。

また、栃木県防災士会さん、宇都宮市危機管理課さん、宇都宮市東消防署さんにも講座にご協力頂きました!ご協力頂きどうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

8月1日(土)

夏休み工作教室ステンドグラス風写真立て作りを、開催しました!

今回は、10名の小学生の子どもたちが参加しました。

 

まず、ステンドグラスとはどのようなものか写真で学んだ後、作品作りを開始!

太いペンや、細いペンを使い分けながらイラストを強調させたり、

本物のステンドグラスに近づくように、「この部分は、何色を使った方が

綺麗になるかな?」と色の使い方などにも、工夫をしていました!

 

1人1人集中して取り組み、とても素敵な作品を完成することができました♪

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月25日

本日、7/25(土)に国際理解ワークショップを開催しました!

 

今回のテーマは、

メールメッセージで広がった「世界がもし100人の村だったら」という題材を用いて、

実際に身体を使いながら世界の格差や多様性を体感してみました。

世界には約77億もの人がいますが、それを100人に縮めてみたらどうなるでしょう?

 

ワークショップでは、世界人口の増加について考えてみたり、

世界の言葉で「こんにちは」を言ってみたり、

文字が読めないということについて考えてみたり、

富が平等に配分されていないことに思いを伝えてみたり・・・。

様々なアクティビティを通して、

今世界で起きていることを体感して、学びを深めていきました。

 

今回のワークショップで使用した教材は、開発教育協会(DEAR)発行の教材です。

詳細はhttp://www.dear.or.jp/をご覧ください。

次回のワークショップは、10月に開催する予定で、

テーマは、『貿易ゲーム』です!

 

 

↓どちらが「水」でしょう?!文字が読める(識字)の幸せさを感じました!

 

 

 

 

 

 

2020年7月11日

7月11日(土)は、わくわくトライキッズの第2回目の活動日でした!

 

新型コロナウイルス感染症対策のため、

今回も学年ごとに、午前と午後に分けてプログラムを実施しました。

 

 

今回は竹の水鉄砲を作って、水あそびを行いました!

子どもたちはとても真剣に、水鉄砲を作りました。

中には、マジックペンで表面を綺麗に塗って、

個性豊かなオリジナル水鉄砲を完成させていた子もいました。

 

そして、いよいよ水あそび!

完成した水鉄砲を使って、

学生ボランティアのリーダーに水をかけあったりするなど、

夏休み前に『夏』を先取りで味わい、

子どもたちにとって、楽しい時間を過ごすことができました!

 

 

 

 

 

 

 

Older Posts »
お問い合わせ