とちぎYMCA

とちぎYMCAブログ

『おでかけ写真部』 6月撮影会 参加者募集!

カメラを持って出かけよう!

小学生のためのプログラム『おでかけ写真部!』第7回目の撮影会は、

『スタジオ撮影でプロカメラマンになっちゃおう\(^o^)/』をテーマに、

いつもお世話になっているサトーカメラさんのスタジオをお借りして、

「カメラマン&モデル」体験を行います!

プロが使う大きなカメラ!ピカッと光るストロボの明るい照明!

これらもお借りして本格的なスタジオ撮影を行います。

いつもと違って緊張するかもしれませんが、

それ以上にカメラの魅力に引き込まれること間違いなし☆

 さぁ、『おでかけ写真部』の撮影会に出発だ!!

 

≪おでかけ写真部6月撮影会のお知らせはここをクリック!≫

 

「まだカメラもったことがない」という初心者さんでも、

「カメラ持ってるし、写真だっていっぱい撮ってるもん!」というベテランさんでも、

みんなでお出かけして写真を撮ると、ドキドキ☆ワクワクした写真が撮れます!

さぁ、『おでかけ写真部』の撮影会に出発だ!!

 

ネパールYMCAからの報告

4月25日にネパールで地震が発生してから、被災地カトマンズ近郊にあるネパールYMCAでは、緊急支援を行い、今後は中長期的な支援を計画しています。

世界YMCA同盟のホームページに、ネパールYMCAの総主事が毎日報告しているレポートが掲載されています。

ネパール地震緊急支援募金

お近くのYMCA または ゆうちょ銀行の振替口座

口座番号:00340-8-40685

   名  称:公益財団法人とちぎYMCA募金口

              *通信欄に「ネパール支援」とお書き下さい。

             (YMCAへの寄付金は、寄付金控除の対象となります。)

 

 

5月13日

震度7.4の地震がカトマンズ、シンドパルチョク、ドラカ、ラスワを襲い、64人が死亡、1000人が重傷、数千の家屋が崩壊した。

・教育省は、再度2週間の休校を伝えた。道路がふさがれ、生命が脅かされている状況。

・予定されていた世界YMCA同盟の訪問は、6月の初旬に延期された。
 

5月12日

今日の、震度7.1の地震でシャンギアとカスキの中間地で山が崩壊した。
 

5月11日

よく降る雨は、被災地には厳しい。テント配布は、ジュグ村では、45の家が全壊し、人々は屋外で生活を強いられている。そこに、テントを45張り配布予定。片道7~8時間の行程となる。

 5月8日

・毎日、食料、飲料水、テントを配布し、今後の計画について話し合うことが日課となってきている。
今後数か月は多くの仕事が待っている。

5月4日
今日は、村の家屋が全部壊れた村を訪ねた。貧しい農民たちの村で、ネパールYMCAはこの村に学校や保健所、YMCA職業訓練センターを建設予定。

5月3日

・今日は会議を行い、ネパールYMCAチャイルドケアセンターを1週間休校とし、スタッフが全員でネパールYMCAのボランティアに参加することになった。

・8地域の被災の子どもたち200人に奨学金を提供することにした。
・天気がよく、ネパール軍や他の団体も支援活動がはかどった。訪問予定の地域で配るテントを購入。明日は、被害で壊れた小学校を訪ね、食料や毛布、テントを配布する予定。

5月2日

・今日は、ラトリプールの中でも被害の大きかったにも関わらず、今日まで外部から何も支援乃なかった村に行き

100人に米を配った。しかし、何よりも家が必要とのことだった。
 

5月1日

今日は、ラトリプールのヌワコット、チャパガウ、パンガウなど8か所を3つのグループに分け活動を行った。

1グループは、YMCAチャイルドケアセンターのある地域で後かたずけ作業を、2グループは米や豆、佐藤、紅茶などを200人に配布した。絨毯織りの職員たちと工場の屋根が壊れた地域では、感染症予防の指導と、食料支援を行った。

明日は、ラトリプール南部のへき地に行く予定。

4月30日

・世界YMCA同盟の送金した資金を受け取り、ラトリプールの村で配るための米、医薬品と飲料水の購入をした。
 

4月29日

カトマンズを含む国全体が電気、商店、市場が閉まり、医薬品、毛布など必需品が手に入らなくなっている。

銀行は1~2時間のみの回転で送金については普段よりかなり時間がかかる。

ネパールYMCAは、28日に、支援活動のための委員会を7人とYMCAの職員とボランティアの30人で発足。特に被害の大きかったラトリプールとヌワコット(11の村)に緊急支援物資を配布することにした。その後は、復興のための支援を行う予定。

4月28日

ネパールYMCA

・カトマンズ近隣の村に、ボランティアたちと共に、テント、飲料水、食料などを緊急支援する。

・感染を防ぐための指導を行う。

・アジア太平洋YMCA同盟と共に、声明を出した。

・世界YMCA同盟はネパールYMCAに緊急支援の5000ドルを送金。
 

第6弾!おでかけ写真部☆動く物をテーマに撮影しよう☆@千手山公園

動く物をテーマにおでかけ写真部は活動してきました。

今回はアイスファイヤー(チャレンジド)の方たちと一緒に路線バスに乗り千手山公園に向けて出発をしました!

バスに乗り『何てゆうバス停になったらこれを押すの?』『どれくらい乗るの?』少しドキドキしながら目的地に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

約30分後天神町に到着。そこから約15分かけて千手山公園に向かいました。

みんなでお散歩気分で歩いていると…

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのカメと鯉たちに遭遇!さっそくカメラの出番です。

もう少し歩くと観覧車が見えてきました!部員たちの足が速くなります!…(なかなか追いつかない)←ピーチリーダー…。

公園に到着☆昼食をとり、撮影の準備☆『何から乗る~?』と、部員たちで相談しながら順番を決めていました。

公園は小雨も降っていたせいか、ほぼ貸切!それぞれが好きなように散策しながら撮影を楽しみました。

 

  

 

小さな電車に乗りながら人を撮ってみたり、観覧車に乗りながらポーズを撮ってみたり、

スタージェットに乗り飛んでいるところを撮影してみたり。

中には電車に乗っている部員同士で『私、○○さん追いかけて撮るから!』と、

モデルの専属カメラマンの様に動き回る部員もいました!

6回目となると部員たちの意識も高くなってきたように感じます。

 

そして、写真部恒例☆アイスタイム☆その次は鬼ごっこ!これも、写真部の大切な時間です。

 

部員たち同士お互いの理解も以前より深まり、THE部活!の雰囲気が強くなってきました。

部活の目標でもある、写真展やコンテストなどにも近づいてきましたね!

 

次回は6月7日(日)待ちに待った、サトーカメラ本店にてスタジオ撮影です。

プロカメラマンと同様ストロボを使って撮影します。

みなさまのご参加心よりお待ちしております!

おでかけ写真部☆ピーチリーダー(桃子)

 

 

 

 

Yキッズ6月★おかしつくり隊★参加者募集!

来る6/21(日)はYキッズの日!

「おかしつくり隊~直火バウムクーヘンの巻」です!

野外炊事でバウムクーヘンに挑戦していきます!!

皆様のご参加をお待ちしています!

 

【日 程】
2015年6月21日 日曜日
(雨天・荒天決行 ※プログラムや行き先を変更する可能性があります。)


【内 容】

おかしつくり隊~直火バウムクーヘンの巻 


【場 所】

鹿沼市自然体験交流センター (鹿沼市板荷6130) 

 

【移動手段】
貸切バス(那須集合の方は宇都宮まで電車を利用します)


【集 合】
宇都宮 9:00 宇都宮YMCA 本館1階

那須 7:45 西那須野駅 東口噴水前

足利 8:00 有楽町公園

 

【解 散】
宇都宮 16:00 宇都宮YMCA 本館1階
那須 17:30 西那須野駅 東口噴水前
足利 17:00 有楽町公園

 

【参加費】

3,500円

※年間登録料1,500円(今年度初回のみ)

 

【定 員】
幼児(年中~年長) 40名 小学生(1年生~6年生) 40名 計80名

 

【お申し込み方法】
電話にて受付(1家族1電話)
TEL:028-624-2546(とちぎYMCA)


お申し込み開始日:5月19日(火)13:00~

※お申込みの際に、ご希望の集合解散場所を併せてお伝え下さい。
※持ち物及び申し込み後の欠席等の連絡につきましては、下記プログラムチラシ(PDF)をご確認ください。

 

20150621_Yキッズ案内チラシ

 

今年度のYキッズが始まりました!!

5/17はYキッズの日!!

今年度のYキッズがスタートしました!!

今年度初回のYキッズは、とちぎわんぱく公園に行きました!

 

とちぎわんぱく公園では、

子どもたちに配られた「ぼうけんのしょ」をもとに、

様々なミッションをクリアしていきました。

はすの葉っぱを渡れ!YMCAポーズで写真を撮れ!クイズに挑戦!などなど。

 

 

 

 

 

ミッションをクリアしていくごとに、

宝がある場所が書いてあるピースがリーダーより貰え、

最後には、不思議の船まで辿り着くことができ、

グループの友だちと一緒に、不思議の船の中を見学していきました。

 

 

 

 

天気がとても良く、子どもたちも元気一杯!!

初めましてのお友だちもいれば、久しぶりのお友だちもいました!

その中で、Yキッズ仲間を増やしていき、

協力しながらプログラムに参加していました。

また、今年度のキャップもとてもお似合い!

新たなYキッズの素晴らしいスタートとなりました。

 

 

Yキッズ担当

佐藤 実千代(みるみるリーダー)

荒井 浩元(マリオリーダー)